基金について

ごあいさつ

当基金は、信用保証事業を通じて、信用金庫の三つのビジョンの一つである「豊かな国民生活の実現」をお手伝いするために、昭和53年4月に全国の信用金庫の総意により社団法人として設立されました。その後、公益法人制度改革に伴いまして、平成24年4月に一般社団法人へ移行いたしました。
当基金の使命は、当基金が保証人となることで、お客さまへの信用金庫の融資を円滑にし、お客さまの明るい暮らし楽しい家庭づくりを応援することです。そのために、ライフステージごとの様々な資金ニーズに対応した低廉で利便性の高い保証商品の充実を図るとともに、お客さま・信用金庫に安心してご利用いただけるよう健全経営の徹底に努めております。
今後とも、お客さまと信用金庫の期待と信頼にお応えすべく保証機能の充実・強化に取り組んでまいりますので、変わらぬご愛顧、ご支援をお願い申し上げます。

一般社団法人しんきん保証基金
理事長 伊藤 晃

ページの先頭に戻る

しんきん保証基金とは

信用金庫が掲げる「豊かな国民生活の実現」という理念に基づき、「国民が健康で文化的な生活を営むために必要な資金の融資を円滑にし、もって国民生活の安定と向上に資する」ことを目的として設立された信用金庫業界の信用保証機関です。
個人のお客さまが信用金庫から住宅ローン・マイカーローン・教育ローン等の融資を受ける際、しんきん保証基金が保証人となることで借入れを容易にし、お客さまの生活向上を金融の側面から支援しています。

ページの先頭に戻る

経営理念

信用金庫の保証機関として、国民の明るい暮らし楽しい家庭づくりの使命観に徹し、国民生活の安定、向上のために尽くします。

ページの先頭に戻る

運営方針

  • 1. 親切、丁寧、迅速を旨とし、お客さまの安心と満足のために行動します。
  • 2. 保証商品の充実と健全経営の徹底を図り、信用金庫の期待と信頼に応えます。
  • 3. 明るく働きがいのある職場をつくり、プロフェッショナルな人材を育成します。

ページの先頭に戻る

概要

名称
一般社団法人しんきん保証基金
所在地
〒104-0031
東京都中央区京橋2丁目8番7号
読売八重洲ビル
電話番号
03-3566-5790
設立年月日
昭和53年4月1日
会員
全国すべての信用金庫および信金中央金庫
保証残高
4兆2,618億円(平成29年3月末現在)
役職員数
理事 18名 監事 2名 職員 172名
(平成29年3月31日現在)


より大きな地図で 一般社団法人しんきん保証基金 を表示

ページの先頭に戻る

沿革

一般地域住民の繁栄向上を導く前向きな信用補完制度の整備拡充が必要であるとの考えから、昭和50年に全国の信用金庫の総意により「全国しんきん保証株式会社」が設立されました。
その後、昭和53年に公益法人設立の認可を得て「社団法人しんきん保証基金」となりました。

昭和50年11月
全国しんきん保証株式会社設立(東京都中央区宝町(現京橋))
昭和53年  4月
社団法人しんきん保証基金設立(東京都中央区京橋)
5月
個人ローン保証取扱開始
12月
カードローン保証取扱開始
昭和56年10月
住宅ローン保証取扱開始
東京都中央区八重洲に事務所を移転
平成元年  3月
保証残高1兆円突破
平成  3年  9月
東京都千代田区神田に分室を開設
平成  6年11月
保証残高2兆円突破
平成14年  9月
東京都中央区京橋に事務所を統合移転
平成24年  4月
一般社団法人へ移行
平成25年  9月
保証残高3兆円突破
平成28年  8月
保証残高4兆円突破
平成29年  6月
フリーローン保証取扱開始

ページの先頭に戻る