保証業務の仕組み

Company会社概要
保証業務の仕組み

「信用保証」を通じて、
さまざまな“一歩先”の実現を支えています。

就職、マイカー購入、結婚、子育て、マイホーム、介護、老後の暮らし・・・
きっとあなたの暮らしにも、これから先に起こりうる人生のイベントです。
マイカーローン、教育ローン、住宅ローン、カードローンなど、多くの人は人生のさまざまな場面でローン(融資)を利用します。そのローンを組む際には、ご返済が難しくなるなどの万一のケースを保証する「保証人」を立てることが必要になります。
私たちしんきん保証基金は、その「保証人」の役割を果たすために、全国の信用金庫と信金中央金庫が協調して設立した信用金庫業界の「信用保証機関」です。
ローンを実施するのはそれぞれの信用金庫ですが、当基金がお客さまの保証人となることで、お客さまはその保証をもとに借り入れがよりスムーズになり、豊かな暮らしを手に入れることができます。つまり、私たちは「信用保証」を通じて、それぞれのお客さまの向かう一歩先の人生の豊かさや夢の実現をおてつだいしています。
時代の変化によって求められるニーズも日々変化しています。例えば、高齢化社会に対応した「福祉介護」や、少子化対策としての「子育て支援」など新しい需要に対応できる、より必要としていただけるサービスを捉え、生み出していく必要があり、私たちがおてつだいできる場面も多様に変化しているといえます。

①お客さまが、信用金庫にローンのお申し込みをします。

②ローンのお申し込みと同時に、当基金は信用金庫を通じてお客さまから保証委託のお申し込みをいただきます。あわせて、信用金庫が当基金に保証の引受けを依頼します。

③当基金は所定の審査を行い、保証を引き受けます。
※信用金庫ならびに当基金が審査した結果、お客さまのご要望に沿えない場合があります。

④信用金庫が、お客さまへローンを実行します。お客さまから当基金に、信用金庫を通じて所定の保証料をお支払いいただきます。(利息に含めてお支払いいただくこともあります)

⑤お客さまは信用金庫にローンのご返済をします。

⑥お客さまが諸事情によりローンのご返済ができなくなった場合、信用金庫は当基金に対し、お客さまの代わりにローン残金を支払うように請求(代位弁済の請求)します。

⑦当基金は、お客さまに代わり、ローン残金を信用金庫に支払います。(代位弁済)

⑧代位弁済により債権が当基金に移転するため、お客さまは当基金に対しご返済いただくことになります。
※債権とは、ローンの借入をされたお客さまに対して、金融機関等が返済を請求する権利のことです。

※⑥~⑧は、お客さまが信用金庫へのご返済が困難になった場合のフローになります。

トップページへ戻る

PAGE TOP