先輩インタビュー4

workしごとを知る
先輩インタビュー4
小さな積み重ねが大きな信頼をつくると信じて今日も明日も、こつこつと。	N.M 保証審査部(取材当時) 2011年入職
Profile

商学部出身。母親が銀行員であったことから、金融関係の仕事は身近な存在。
そこで金融関係を中心に就職活動。総合職として幅広く様々な仕事ができるところに魅力を感じて入職。

本当にお客さまのためになる保証なのかしっかり判断したい

私は現在、保証審査部で全国の信用金庫から届く書類を確認して、信用金庫から融資を受けるお客さまに当基金の保証をご利用いただけるかどうかを判断しています。保証させていただいたものの、お客さまが何かしらの事情でご返済が難しい状況に陥ってしまうと、お客さま、信用金庫、当基金のいずれにとっても喜ばしくないことです。審査の際、当基金では出来るだけ多くのお客さまにご利用いただけるよう、より多くの情報を聞き取る努力をしますが、たとえば住宅ローンでご返済が困難となる理由に、元々の返済計画に無理があったケースがあります。そのような計画下で保証を行うことは、将来お客さまがせっかく手に入れたご自宅を手放さなければならない可能性もあり、なるべく避けたいケースです。
そういった状況を出来るだけ避けるため、私たちがしっかりと保証できるかどうかを事前に判断させていただいています。日々、朝から夕方まで割り当てられた住宅ローン案件の審査をするのと同時に、全国の信用金庫からの問い合わせにも対応しています。ある時、信用金庫の担当者からの電話がありました。その方は初めて当基金の住宅ローンをご利用いただくということで、必要な書類を順を追って丁寧に説明。電話を終える時に「きちんと説明していただいたおかげでよく分かりました、これなら(お客さまにも)説明できる。」と言われると、ひとつひとつの対応が、よりよい融資へ、そしてお客さまへと繋がっていくのだと感じましたね。
心がけているのは、1件1件こつこつと丁寧に、正確な判断をすること。毎日の行動の積み重ねが信頼につながると感じて、日々邁進しています。

断るときにも丁寧かつ納得のいくように、真摯に対応したい

当基金で審査を行うスタッフのなかには、銀行OB・OGなどの経歴を持っている者もいます。日々審査を行う中で少しずつ、そうした経験豊富なチームの同僚たちと「ここはどうすればいいのか」など一緒に考えることも増えてきました。専門的な内容の電話対応を頼まれることもあります。毎日、少しずつ周囲の方から頼られるたびに、認めてもらっているという実感が持てるので日々、自分の成長を感じることができます。
一方、私たちの仕事では時には審査の結果、当基金が保証をお受けできないケースというのもあります。そうした時に、信用金庫の方に丁寧に経緯や理由を説明しながら、理解を得る必要がありますが、ここはまだまだ勉強中です。信用金庫の方から「どうにかなりませんか」と頼み込まれることもありますが、お客さまご自身の未来のためにも、判断の理由をきちんと説明して納得いただけるよう、先輩や同僚に習いながら毎日取り組んでいます。

リフレッシュ休暇で海外旅行に出かけるのが楽しみ♪

当基金は、5営業日連続の「リフレッシュ休暇」を取れるところも魅力です。毎年、部内の同僚とお互いの予定を調整しながら取得します。交代で取るので、安心してしっかりと休めますし、上司も快く送り出してくれますよ。一時はスノーボードにはまって雪山に通っていました。最近は海外旅行にもはまっています。今年はニューカレドニアに7泊8日間の日程で行ってきました。中心の都市、ヌメアではショッピング。“天国に一番近い島”と呼ばれているウベアにも行きましたが、エメラルドグリーンの色をした海の美しさに圧倒されました。ほかにもトルコに8日間行った時には、見渡す限り奇妙な形をした岩が立ち並ぶ世界遺産であるカッパドキア、雪のような真っ白な棚田が続くヒエラポリス-パムッカレに訪れたことも。社会人になると、このような長期休暇を取って海外旅行に出かけることはムリだろうと思っていたので、友達からはうらやましがられます。

1日スケジュール1日スケジュール
8:20 出勤
メール確認や手元にある審査案件を確認
8:50~ 住宅ローンの保証に関する審査を開始
上司から1日に割り当てられる件数は10件前後
審査をするのと並行して、電話の問い合わせに答える
12:30~13:30 昼休み
同僚と一緒に予約していたランチをいただく
13:30~ 住宅ローンの保証に関する審査の続き
午前に続いて、審査を行う。急ぎの案件があれば先に対応するように上司にも伝えて、手渡しをするなどひと工夫する
14:30~ 打ち合わせ
部署内で情報共有。対応で問題があれば、改善策などを共有してもらう
15:30~ 住宅ローンの保証に関する審査の続き
17:35 退社

INDEXへ戻る

トップページへ戻る

PAGE TOP